大事な仕事仲間から生まれたお話


鑑定HPの徒然草日記の感想もいかがかな?と思い、掲載します。
うん、これは初めてだぴかぴか(新しい)

今日は夜の手相鑑定が終わって、10年来、一緒に仕事をやってきた友人と久しぶりに会食をする機会がありました。

二人きりでしたから、こういうのを「さしで飲む」というんでしょうがいい年をした大人ですから何だか気恥ずかしさもありますね。

彼が36歳、私が35歳、確かにいい年をした大人です。

いろいろと話題が尽きなかったのですが、二人とも「そうだよね!」と意気投合した話題をひとつご紹介しましょう。

若い頃は、必死にガムジャラに仕事に打ち込んで、周りから評価されたい!という気持ちが強かったのですが、お互いに、こういう年齢になってくると、他人からの評価はあまり気にならず、「自分自身で自分の評価をする」ようになってくるということです。

仕事に打ち込めば成果が上がってくるのは当然としても、自分でここまでは頑張らなければいけないポイントが明確になってきているんですね。

結局、自分が自分を評価している。そこが一番大事ではないかと思っているわけです。

人からの評価は周りに100人いれば、100人が好きなことを言います。

仕事振りを絶賛してくれる人もいれば、そのやり方をけなす人もいることでしょう。
100人もいれば何を言い出すか分かりません(笑)。
予測さえつきませんね。

でも、自分自身が、自分の採点をしている。ここがやはり大事ではないかと重ね重ね思うわけです。

自分の分身と戦っているという表現が言いえて妙かもしれません。

これを読んでいるあなたも、人からの評価よりも自分自身の評価を優先すると気持ちも楽になれると思います。

自分は自分を裏切らないので・・・。皆さんも昨日よりも今日、今日よりも明日へと続く長い道を可愛い自分自身との旅を向き合ってはいかがでしょうか。

ライブドア 710億で弥生売却
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=280889&media_id=2

これもいろいろな方がいろいろなことを言うのでしょうが
世間のニュースよりも、まず自分自身を磨いたほうがいいな・・・。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>